20代の女磨きと旅日記

レビューとかも書くし、色々書く。ただの日記です。

諸君、私は本が好きだ(ただの独白)

f:id:mizukicky:20180824161621p:image

少佐懐かしいですね。ネタがわかる人は同士ですこんにちは

 

こう……勉強欲みたいなのがブワッと出てきて、本を爆買いしちゃうってこと、ありません??あるよね???

 

私は1年に3回くらい爆買いしてます。

それか、たまにふら〜っと本屋さんに行って、あっいいかもって思ったのを買ったり。

 

姉の影響で、小学生から「石田衣良」と「嶽本野ばら」を読んでいたので、一時期は厨二病全開でした。※読む本に影響されるのも程々にしておきましょう。黒歴史は大人になってからも引きずります。

 

その後は小説って面白いなって思い、名前の響きがカッコいいから太宰とか芥川とか読んだり。青空文庫で短編を見て、悦に浸ってたんですけど。青空文庫だいすき。森見登美彦もハマってました。

 

f:id:mizukicky:20180825003201j:image

小説の良いところはですね、「自分と違う世界」「生き方」を見れる事です。

 

現実で、他人様の生き方なんてそうそう全部見れませんが、小説なら見れる。しかもその人がどう考えて、どう行動したのかとかも。

 

太宰治人間失格は「とある登場人物」ではなく「太宰治そのもの」の事を、少しフィクションを交えながら書いてるんだ!と思っていました。

それくらいリアルに感じました。そしてクソ男だな〜ってwww

 

しかも自分で好きなように情景やらを創造できるんですよ。

 

夕焼けが」とあったら想像しますよね。

でも、その想像は人によって違うじゃないですか。色とか、匂いとか、色の濃さ。

 

目は大きく、絹のような美人が

どんな目の大きさで、どんな肌の色で、どんな顔を想像するんでしょうね。

 

作者はどう思ったかとか、そういうのは超絶どうでもいいし、興味ないんで、学校の現代文とか超絶嫌いでしたけどwww

相手の考えることなんて分かんないのに、勝手に想像してこうだろう。って答えを出すこと自体、おこがましくね?的な

日常でそこまで考えて本を読むう??

「あ〜この時、作者はこう考えてたな」とか一切考えず、その世界観に入るのは、私だけじゃないはず。

まあ学校教育については、色々と思うことがありますが割愛。

 

うん、小説っていいよね、の話でした。

f:id:mizukicky:20180825003256j:image

 

 

あと爆買いしたので、買ったやつをご紹介します(誰得)(prime reading含む)

 

白痴1 ドフトエフスキー

ソクラテスの弁明 プラトン

失われた世界 アーサー・コナン・ドイル

梁塵秘抄 後白河天皇

マクベス シェイクスピア

西洋美術史入門 池上英洋

相対性理論を楽しむ本 佐藤勝彦監修

量子学を楽しむ本 佐藤勝彦監修

世界の宗教がまるごとわかる本

2週間でおさらいできる日本文学史 板野博行

世界の歴史大辞典 仲林義浩

日本史重要人物250人 入澤宣幸

歴史人物大辞典 仲林義浩

日本史 かみゆ歴史編集部

東大教授がおしえるやばい日本史 本郷和人

 

です!

でも、まだ欲しい本があってですね……

それは来月にしようって、ほしいものリストにぶち込んでます。

 

ソクラテスの弁明は今日読んだんですが、学問的な観点は置いといて。

プラトンの描くソクラテスの、巧妙な話術が読んでいて楽しかったです。それが真実だとしても、"正しい"とは限らないんですよね。

正しいのに。真実なのに。正論って嫌われがち。

 

ではでは!!!!